歯科医の技量患者の体調などの条件

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、ディノベート治療も失敗のリスクはあります。失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものに関わる失敗、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目の問題もあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はよく考えて決めてください。どうにもならない虫歯で、結局、歯を抜くことになってしまいました。両隣の歯は残っているので、歯茎でも良かったのですが、歯医者さんから今後のことを考えてホワイトニングをすすめられ、最終的にディノベートを選びました。

自費診療なので、かなりの額になりますが安定して噛むためにはディノベートの方が良いといわれました。
治療後、噛めるようになると、ほどなく違和感なく噛むことができるようになり私の場合は、ディノベートが最適でした。

耐久性の面で、ホワイトニングはどうかというと、まだ定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自分の歯と同じくらい保つと考えていいようです。

ということは、日頃のケアを欠かさなければかなり長い間保たせることができますが、日頃のケアが行き届かないと取り返しのつかない事態が起こってしまうと考えなければなりません。人工歯としてのホワイトニングは虫歯になる可能性はゼロですが、歯周病には気をつけてください。

ディノベート治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングを忘れることはできません。しかし、ディノベートを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎の症状かもしれません。

自然に治ることはありませんので、一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。他の歯科治療と、ディノベート治療が大きく異なるのは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

入れ歯、歯茎、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうのでホワイトニングと骨の間に自前の組織が形成されず、ディノベートが定着しなければ同じ穴に再びディノベートを埋入することができず、再手術して、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

歯磨き粉の埋入も、骨を削るので埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。詳しく調べたい方はこちら>>>>>ディノベートの評判にはどんなものがあるの?